「植物学『超』入門」

最近「この植物はどう育てたらいいんですか?」と

聞かれることが多くなったので

植物の本を何冊か買いました。

最初に読んだ本。

スミソニアン研究所博士研究員を経て

農学博士である田中修さんの書いた本です。

とてもわかりやすく、簡潔に書かれています。

子どもの頃にこの本を読んでいたら

理科の授業が楽しくなったのに…と思いました。

 

植物の中で発生する「エチレン」について。

エチレンには茎の伸びを抑えて、太くする作用がありますが、

植物は何かに触れると接触刺激を感じ、からだのなかでエチレンが発生するのだそうです。

以前お客様に、「お水をあげながら、植物にさわってください」と言ったことがあります。

細かい場所の滞った空気を動かすためにそう言ったのですが、

なかには『植物にやさしい言葉をかけて育てると、普通よりずっときれいな花が咲くんですよね』と返された方がいらっしゃいました。

きっとその方たちは、やさしい言葉をかけながら触っていたのだと思います。

 

当書にて、その経緯がわかったので、

こんどそのように言われたら

「やさしい言葉と一緒にたくさん触ってあげてください」と伝えられます。

 

Ayako Itsuki
2002年より、ドイツに渡りフローリストの修行を始め、2005年にドイツ国家認定フローリストの資格を取得。2006年からは、世界でもフラワーデザインのレベルが高いオーストリアにて、世界的に有名なフローリストマイスターNicole von Boletzkyのアシスタントとして、数々のヨーロッパ最大級のフラワーエキシビジョンに参加。 詳しくはこちら
投稿を作成しました 516

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る