からすうり

1月末に体調が悪くなり、

それでも動き続けていたら悪化して

気管支炎になりました。

 

一昨日から、水も飲めるようになったので

昨日は午前中銀行へ、午後は打ち合わせ。

気になっていた案件が、一歩前に進みホッとしました。

 

今日は今月岩沼で開くワークショップの試作・見本を作るため

食虫植物を探しに。

 

Dionaea muscipula ‘Big Mouth’

Mediocalcar decoratum

 

おもしろい花形

写真ではわかりにくいですが

根っこがとても綺麗な色をしていました。

 

 

Drosera や Sarraceniaなども加えたかったのですが

この季節にはあまり出回らず、

代わりに蘭(2枚目)を購入しました。

 

思うところがあり、

其の足で骨董屋へ。

店内で咳が止まらなくなり

一旦外へ、

入り口にかけられた烏瓜が目に入りました。

しぼんでいたり、黒くなっていたり、赤々としていたり

一本の蔓から様々な実が下がっていました。

山を歩いていても、冬の山に真っ赤な烏瓜は目にとまり

気になっていたので、アトリエに戻って民間伝承の本を調べると

愛知県では「カラスウリの種を財布にいれておくと銭がたまる」とか

佐賀県の一部では「実を麻袋に入れて、誰にもわからぬように床下に入れると金持ちになる」とか

しもやけに効く、胃潰瘍が治る、火傷に効く、果肉で手足を洗うと肌を美しくする

などなど、

良いことづくめな『実』でした。

 

そして夕方

体調を心配してくれた友人より

いろんなものが届きました。

「家にあるものをとりあえず送りました

トキコさんはとにかく飲んでね、効くことを祈る。くれぐれもお大事に」

とのメッセージ。 。・゚・(ノД`)・゚・。

 

 

トキコさん・・・?

効きそう

夕方になってしまったので あした飲みます。

 

 

 

良い一日をありがとうございます。

2002年より、ドイツに渡りフローリストの修行を始め、2005年にドイツ国家認定フローリストの資格を取得。2006年からは、世界でもフラワーデザインのレベルが高いオーストリアにて、世界的に有名なフローリストマイスターNicole von Boletzkyのアシスタントとして、数々のヨーロッパ最大級のフラワーエキシビジョンに参加。 詳しくはこちら
投稿を作成しました 601

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る