ふかふかの緑の上

 

先週末はふかふかの苔を求めて雄勝へ。

ちょっと足を延ばして半島をぐるっとしてきました。

 

 

タブの木

樹形が魅力的です。

 

 

八景島

暖地性常緑樹の北限として国定天然記念物に指定されています。

学術上貴重な島で許可なしには立ち入れないそうですが

いつか行ってみたいと思います。

 

 

 

お昼ごはんは地元の食堂で。

マタギのおじさん達と一緒になりました。

野生のシカが増えていて獣害がひどく

山のところどころにワナをしかけ、頃合いをみて見に行くのだそうです。

大概はまだ生きているので

仕事とはいえ生き物を手に掛けるのはいやのものなんだよ

と普段は知り得ない貴重なお話しをしてくださいました。

 

そして苔探し。

ほんとに そこらじゅうシカのふんだらけです。

 

 

ふっかふかの苔の絨毯。

質の良い苔ばかり。

 

こんなところがあるんだなー と思いながら

ペラっとめくると

てゅるんてゅるんでプクプクのミミズや

蝉の幼虫がいました。

初めてみました蝉の幼虫。

目が白いのね。

 

急な明るさにびっくりしたのか

まごまごしていてとても愛らしかったので

土をかぶせて芝生を元に戻しました。

 

 

 

 

帰りの北上川。

ここでは美味しいシジミが採れるみたい。

何回か来ていますが

シジミ漁が有名なの知りませんでした。

 

帰りに寄った上品の里で

 

シジミアイスに出会う!

 

「すごくおいしいから!」と勧められて買ってみました。

ところどころシジミが入ってます。

味はなんとなくラムレーズン。

手作りジェラートみたいなやさしい味。

疲れた体にしみます。

これは後を引くかも。

 

 

 

そして持ち帰った苔は洗って

小分けして育てています。

※許可をいただいた箇所にて採取しています

 

ふかふかの緑の上も下もエネルギーで満ち溢れていました。

 

 

 

来週は盛岡へ白樺選びに。

他にもいろんな樹木があるそうなので

どんな植物に出会えるか楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: BLOG
Ayako Itsuki
2002年より、ドイツに渡りフローリストの修行を始め、2005年にドイツ国家認定フローリストの資格を取得。2006年からは、世界でもフラワーデザインのレベルが高いオーストリアにて、世界的に有名なフローリストマイスターNicole von Boletzkyのアシスタントとして、数々のヨーロッパ最大級のフラワーエキシビジョンに参加。 詳しくはこちら
投稿を作成しました 504

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る