アトリエのおてんばさん

 

パトリック・ブランがソウルに作った家がとても好きで

打ち合わせの時にデザイナーさんと

「このお家いいよね」って話になることがあります。

 

The Vertical Garden より

 

以前資料として買ったこの本を

ときどき読み返しては

彼の植物の配置はいいなあ としみじみ思います。

 

 

打ち合わせの時、この写真を見て

「こんな家に住みたい」とぼそりと言うと

デザイナーさんが

『掃除が大変だよ』と言うので

現実に戻されて、ちょっと反抗気味な私は

「私が掃除するわけじゃないから、よくってよ」

とうそぶき へー壮大だね… なんてちょっと引かれたりして。

仕事中に自分の世界に入ってしまった自分に反省。。

 

 

大きな家に住みたいと言うわけではなく

緑に囲まれた家に住みたいと思う。

小さいころ、祖母がよく庭いじりをしていたのを見ていたせいか

緑にふれることは慈しみに満ちた振る舞いに感じるのです。

 

 

装飾としか考えられていない植物も

動物がもたないたくさんの感覚をもっていることが近年わかってきています。

 

アトリエにあるパッションフラワー、

気が付いたら、使っていない蛍光灯にまで巻きつこうとしていたので

ほどいて別な道をつくってあげました。

最初は嫌がっているようになかなか巻きついてくれなかったのですが

一本をワイヤーなどで固定してあげると

ほかの蔓も向きを変えて巻きついてくるので

もしかしたらなんか考えてる?って思うのです。

 

明日はどうなっているのか

私の思いもよらないことをする

おてんばさんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: BLOG
Ayako Itsuki
2002年より、ドイツに渡りフローリストの修行を始め、2005年にドイツ国家認定フローリストの資格を取得。2006年からは、世界でもフラワーデザインのレベルが高いオーストリアにて、世界的に有名なフローリストマイスターNicole von Boletzkyのアシスタントとして、数々のヨーロッパ最大級のフラワーエキシビジョンに参加。 詳しくはこちら
投稿を作成しました 502

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る