バラのアップルティにて

お客様のお宅へ配達へ行き
お茶をごちそうになりました。

もぎたての紅玉の身を薄く切って
砂糖とレモンで煮て皮の色で紅く染めて
バラの形にするのだそうです。

熱い紅茶を注ぐと
程よい甘さと香りが紅茶にひろがって
ふわーっと良いお味。

紅茶を楽しんだ後は
淡い色合いとなったバラを
スプーンにのせてぱくっと。
ぜんぜん形がくずれないのです!

「ここまでにするのに10年かかったのよ」
モノづくりがお好きな方のようで
家の中は楽しいものたちであふれていました。
リビングにブランコもありましたスマイル

楽しそうにモノづくりをされているのを見て
カチコチになっていた私はほぐされ
重荷がひとつ抜けたような気がします。

モノを作ることは 楽しいこと

 

カテゴリー: BLOG
Ayako Itsuki
2002年より、ドイツに渡りフローリストの修行を始め、2005年にドイツ国家認定フローリストの資格を取得。2006年からは、世界でもフラワーデザインのレベルが高いオーストリアにて、世界的に有名なフローリストマイスターNicole von Boletzkyのアシスタントとして、数々のヨーロッパ最大級のフラワーエキシビジョンに参加。 詳しくはこちら
投稿を作成しました 502

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る