レッスン ゛Kranz゛

今年から入られた生徒さんで
「リースが好きなので、リースを作っていきたいです」
とおっしゃった方がいます。

ドイツ語でリースは「der Kranz」と書きます。
日本ではクリスマスの時に多く出回りますが
ヨーロッパでは冠婚葬祭、オールシーズン
様々なリースが登場します。

今回3回目は生花を使いましたが
初めてとは思えない(生花でですが)、とてもすてきなリースをお作りになりました。

私はレッスン中よくいじわるをしててへっ
生花のリースの場合花の挿し方が甘くないか軽く引っこ抜いてチェックするのですが
(だって花持ちが悪くなるんだもん)
生徒さんの作ったリースはきちっと入っていて
技術的にも申し分ありませんでした顔

すごい集中力ですね〜


ぜひ、いろんな方をお呼びしてお茶などしていただきたいわハート

  次は どんなリースにしようかしら〜。。。

レッスンの後一冊の本をいただきました。

亡くなられた旦那さまのために
奥様が(生徒さんですが)お作りになったそうです。

本の最後にある「メッセージ」の部分を先に読みました。
いろいろな方が、亡くなられた旦那さまへ「メッセージ」を書いています。

仙台の公共建築や都市づくりの企画をされ、それに尽力されていたこの方を
たくさんの人達が敬愛してらしたんだな。。と
この本を読むのが楽しみになりました。

 昨日から始めた
 アトリエの模様替えはまだまだ終わりそうもないので
 ゆっくり読めません。。。ムスっ

こちらの本に興味のある方は
丸善の自費出版コーナーにございますので
ぜひ、お手に取ってみてくださいびっくりマーク
書かれた方の人柄が伝わってくるような本です。

JUGEMテーマ:花のある暮らし

カテゴリー: BLOG
Ayako Itsuki
2002年より、ドイツに渡りフローリストの修行を始め、2005年にドイツ国家認定フローリストの資格を取得。2006年からは、世界でもフラワーデザインのレベルが高いオーストリアにて、世界的に有名なフローリストマイスターNicole von Boletzkyのアシスタントとして、数々のヨーロッパ最大級のフラワーエキシビジョンに参加。 詳しくはこちら
投稿を作成しました 504

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る