予習復習はきちんとしましょう

来月『自然造形を生活空間に取り込む』をテーマに
東北工業大学にて講義をします。
2週にわけて2コマあるので
テーマを決めてレポートの提出も考えていますが
まず、何を話そうかな と
昔の教科書を広げています。
毎回授業で配られた資料はすごい量で
文章を読んでいては間に合わなかったので
ニコルが話した小話などは
その資料がどんな内容かわかるよう
日本語で殴り書きしていました。

『デザインは常に機能性を伴う』(ドイツ語)の脇には
「フランスで鼻の長いバスがでたがなぜ流行らなかったか
 →それを見る運転手による事故が多発」(かろうじて読める日本語)
と書かれていました。ふんふん なるほど
でも
「カップからトワイニングのティーバックを出しただけ」
が何なのかよくわからない。
こんな資料が1千枚を超えてます。

あぁ あのときもっとちゃんと整理しておけば‥と思っても
あとのまつり。

いくつになっても困ったもんだ わたし・・・

これを機に 復習だー

 

JUGEMテーマ:花のある暮らし

カテゴリー: BLOG
Ayako Itsuki
2002年より、ドイツに渡りフローリストの修行を始め、2005年にドイツ国家認定フローリストの資格を取得。2006年からは、世界でもフラワーデザインのレベルが高いオーストリアにて、世界的に有名なフローリストマイスターNicole von Boletzkyのアシスタントとして、数々のヨーロッパ最大級のフラワーエキシビジョンに参加。 詳しくはこちら
投稿を作成しました 504

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る