働く人の話を聞く会

先日、中学1年生の生徒さん達の前でお話しをさせていただきました。

突然電話でオファーがあった時は何を話せば良いのかな…?と困りましたが

後日「これから自分の人生(職業)を選択して生きていく生徒達へのメッセージ」であり

その中に 仕事の内容、働く喜びやつらさ、職業に就いたきっかけ

を含めてください とのことでしたので

ドイツへ行ったきっかけや、あちらでの生活、勉強、仕事など

お話ししてきました。

30分ほど話した後、生徒さんからの質問を受け付け

「お仕事でつらいことはなんですか?」とか

「日本とドイツの違いはなんですか?」とか

「年収は?」…などなど

そんな質問にこたえていきました。

 

ドイツにはいまだ、800年以上続く放浪修業をする職人さんがいます。

大工や鍛冶屋、家具職人が主ですが、

いろんな国を回ってマイスターがいるお店を自分で探し、売り込んで

OKが出ればそこで働くことが出来ます。

コールテンのパンツ、ベスト、ジャケット、帽子をかぶって、枝をついて

3年と1日放浪します。

その間実家の30㎞圏内に踏み込んではいけないとか

持ち物が制限されたりとか
ずっと同じ服を着るとか
金のピアスの意味とか…

長い放浪の中で沢山の経験を積んでいきます。
 

 

職人になった後、スイスの恩師ニコルのもとで勉強ていた時
たくさんの雑用を一度に言いつけられるので
いかに効率よく、最小限の時間で成功させるか
とんちのような毎日でした。
そのような日々が私を強くしたのは言うまでもありません。
雑用を一所懸命やることは、ストレスに強くなり、脳が鍛えられると思うのです。
後日、生徒さん達が書いた感想文が送られてきました。
読んでいて思わず微笑んでしまうような。

 

素敵な学校生活をお送りくださいねハート

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:人生論

カテゴリー: BLOG
Ayako Itsuki
2002年より、ドイツに渡りフローリストの修行を始め、2005年にドイツ国家認定フローリストの資格を取得。2006年からは、世界でもフラワーデザインのレベルが高いオーストリアにて、世界的に有名なフローリストマイスターNicole von Boletzkyのアシスタントとして、数々のヨーロッパ最大級のフラワーエキシビジョンに参加。 詳しくはこちら
投稿を作成しました 504

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る