先日の「食のイベント」 のつづき

 

りんご飴をいかにして売るか??

というところで終わっていました。。

その 続きです

4種類のポスターがありますが
りんご飴も4種類ありました。

ひとつは『むかしなつかし りんご飴』スタンダードな、皆の思い出のりんご飴です。
それから『ポップりんご飴』:姫りんご飴の半分にチョコレートスプレーがかかっていたり、ナッツの砕いたものがかかっていたり。
パッケージも色鮮やかなりんご飴です。
そして、すりおろしりんごを使った『りんご飴グミ』。お年よりも安心して食べられるやわらかく一口サイズの優しさあふれるりんご飴(グミ)
最後は『毒りんご飴』素敵な唇がゾクっとさせる、見た目も黒くほろ苦い、おとなのりんご飴

関心いたしました〜。

ポスターデザインからパッケージデザインまで。
すばらし〜。

そんなイベントに誘ってくださった
デザイナーさんからメールが。。

阿部蒲鉾さんのパッケージを企画デザインされたそうです。
朱色と黒色のパッケージです。
私も早速見てみます!
  蒲鉾は千代が好き

皆さんも ぜひ見てみてくださいね!

カテゴリー: BLOG
Ayako Itsuki
2002年より、ドイツに渡りフローリストの修行を始め、2005年にドイツ国家認定フローリストの資格を取得。2006年からは、世界でもフラワーデザインのレベルが高いオーストリアにて、世界的に有名なフローリストマイスターNicole von Boletzkyのアシスタントとして、数々のヨーロッパ最大級のフラワーエキシビジョンに参加。 詳しくはこちら
投稿を作成しました 504

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る