寝て待つ

週末は青根のスタジオファーレンさんにて

12月25日までクリスマスの展示をしております。

 

「これは何ですか?」

「何で出来てるんですか?」

「ドイツのクリスマスって?・・・」

などなど・・

沢山のお客様と展示部屋「小屋」にて

楽しくお話させていただきました。

 

そして、スタジオファーレンの髙木さんともお話する機会がありまして

髙木さんが長年「これは何だろう?」というクッキー型について

これはアレですね?ということに。

 

その型、方(?)がこちら

『梯子を持った煙突掃除夫』

ドイツでは年の瀬になると

ブタ きのこ 煙突掃除夫 (あと四つ葉のクローバーもですね)が

ラッキーアイテムとしてお菓子屋さんなどで売られます。

ドイツやオーストリア、スイスなどでは

煙突掃除夫は幸運の象徴なのです。

 

 

伝統的な衣装を身にまとった煙突掃除夫に

スイスで出会ったことがあります。

せっかく握手を求められたのに

怖くて逃げてしまいました。

その後恩師に「こんな人に会って怖かったです」と言ったら

「それは煙突掃除夫よ。ちゃんと触ってきた?私会ったの子どもの頃よ」

と言われて、逃げてしまったことにがっかりしました。

 

 

それから 煙突掃除夫に出会ったら大事に連れて帰るようになりました。

髙木さんが作られた煙突掃除夫、

飾っています。 (美味しく食べられる期間と 飾りたい気持ちとのせめぎあい・・・)

 

 

そして、

クリスマス前ではありますが

今年も来年の干支を作りました。

 

 

これからいろいろな植物で制作していきます。

 

今週末(10日土曜日)からスタジオファーレンさんにて先行販売いたします。

 

 

12月10日、11日、

青根のスタジオファーレンさんにて

皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ayako Itsuki
2002年より、ドイツに渡りフローリストの修行を始め、2005年にドイツ国家認定フローリストの資格を取得。2006年からは、世界でもフラワーデザインのレベルが高いオーストリアにて、世界的に有名なフローリストマイスターNicole von Boletzkyのアシスタントとして、数々のヨーロッパ最大級のフラワーエキシビジョンに参加。 詳しくはこちら
投稿を作成しました 575

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る