線でわかるモノの特徴

人生初の切り絵に挑戦中です。


ちょう


くわがた


かまきり


ふんころがし


もぐら

などなど…

紙に描いた植物に組み合わせながら 昆虫や動物を足したり引いたり。

多めに描いてカットした後 全体を確認しながら余分な個所をカットします。

紙4枚を重ねて切るので
肩・首・腕がぱんぱんになります。
朝晩のストレッチはかかせません。

線だけで わかるのかな…と半信半疑で
カットした紙を壁に下げて遠くから見てみると

結構わかるのね。

表現できることってたくさんあるのね と
カッターひとつで線をたどると気づきます。

仕上がった全体図をもとにさらに大きいサイズをつくり
ただいま本作業に入っています。

今日はこれから特設お花見会場顔!?の撤収作業。

明日はギャラリーお休みをいただきます。

 

Ayako Itsuki
2002年より、ドイツに渡りフローリストの修行を始め、2005年にドイツ国家認定フローリストの資格を取得。2006年からは、世界でもフラワーデザインのレベルが高いオーストリアにて、世界的に有名なフローリストマイスターNicole von Boletzkyのアシスタントとして、数々のヨーロッパ最大級のフラワーエキシビジョンに参加。 詳しくはこちら
投稿を作成しました 502

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る