自然との対話

9月1日から10月30日まで
広瀬通・商工中金仙台支店1階にて
作品の展示をしております。

今回は触れるオブジェ、覗くオブジェなど、
「いのちを見る」作品展。
大小20点ほど展示しております。


万華鏡みたいな のぞきばこ 


人と樹の融合。 こちらは触れるオブジェです。葉の心地よさを感じられます。


ひこばえ

作品『蘖ーひこばえー』に使用した苔は
東北工業大学敷地内に生えている
ふかふかのとても上質な苔です。
先日藪こぎした際に見つけましたペコちゃん

『蘖ーひこばえー』とは
樹木の切り株や根元から生えてくる若芽のこと。
雷に打たれたり、老衰などで倒れた樹からも
あおあおとした小さな芽を見ると愛おしさを感じます。


こちらは苔を採りに行った際、学内にて。
杉の若芽かな?
2㎝ほどの小さな命でした。
ここはそーっとしておいて
踏まないように‥
別の場所からいただきました。

東北工業大学安全安心ライフデザイン学科では
『雄勝いしのわプロジェクトクト』に取り組んでいます。
その中で私も雄勝石を使ったオブジェを制作したことがありました。

次は波板石と雄勝石を組み合わせてのオブジェを依頼されています。

上が雄勝石で
下が波板石です。
波板石は雄勝石よりもちょっと硬いみたい。


こんなふうにストライプ模様になるのも
波板石の特徴のようです。
もうこれだけで素敵です。
こんなお皿が欲しい‥

この石を生かして、何ができるのか。
くらしにどう生かしていくのか。
課題はたくさん。

まずはデザインから。
制作開始です。

JUGEMテーマ:展覧会

 

カテゴリー: BLOG
Ayako Itsuki
2002年より、ドイツに渡りフローリストの修行を始め、2005年にドイツ国家認定フローリストの資格を取得。2006年からは、世界でもフラワーデザインのレベルが高いオーストリアにて、世界的に有名なフローリストマイスターNicole von Boletzkyのアシスタントとして、数々のヨーロッパ最大級のフラワーエキシビジョンに参加。 詳しくはこちら
投稿を作成しました 507

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る