KURODAの肥料

暑かった暑い
日焼け止め買ってしまいました。
毎年中途半端に余るのです。
今年こそはぴったり!と思ったのに


もう!

先日お願いしていた肥料を、友人が持ってきてくれました。
暑い中ありがとう~。

友人が抱っこしているこの袋をみたとき
「?・・ん?」
と混乱しましたが
実験的に紙のパックを使ってみたとのこと。(※パッケージと中身は違うものです)

こちらの肥料は今年 バラやアトリエにありますラムズイヤーに使用しました。
ラムズイヤーの葉はふかふかとなり、質の良いものに育ちました。

触るときもちイ~
通って行く方も「あらーうちのと大分違うわー」なんておっしゃいます。

無くなってきたのでまたお願いしたところ
紙のパッケージで来たわけです。

確かに通気の良い方が呼吸ができて良いですもんね。

肥料は使い方を誤ると植物を枯れさせてしまうので、注意が必要です。
特に化学肥料。
根に直接触れたり量が多すぎたりすると、植物が枯れてしまうことがあります。

見習い時代お客さまのご自宅の植え替えに行って
一週間で枯れさせてしまったことがありました。
原因は化学肥料を多く入れ過ぎた為、植物が脱水症状を起こしたのです(肥料焼け)。
お客様に謝って もう一度植え替えさせていただきました。

そんなことがあってから肥料の使い方には気を付けるようにしています。

友人からお譲りいただいたのは有機100%の肥料なので
肥料焼けの心配はほぼありません。
さらに有機肥料の弱点である窒素(葉や茎を成長させるのに重要)含有率が高いので
わざわざ化学肥料を配合しなくても良いのです。
原料が全て人が口にできるものから成り立っているのも安心です。

興味のある方は コチラへ KURODA

「ちょっと試してみたい」という方
小袋でお分けいたします。
ご連絡ください

うちにあるバラは次にどんな花を咲かせるのか
楽しみですハート

 

カテゴリー: BLOG
Ayako Itsuki
2002年より、ドイツに渡りフローリストの修行を始め、2005年にドイツ国家認定フローリストの資格を取得。2006年からは、世界でもフラワーデザインのレベルが高いオーストリアにて、世界的に有名なフローリストマイスターNicole von Boletzkyのアシスタントとして、数々のヨーロッパ最大級のフラワーエキシビジョンに参加。 詳しくはこちら
投稿を作成しました 502

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る