「国宝 室生寺の仏たち」 

午前中早めに
仙台市博物館で開かれている『奈良・国宝 室生寺の仏たち』へ。

細部まで丁寧に描き込まれた屏風や
大般若経に古文書、
12支をモチーフにした「十二神将立像」など。
 現在「十二神将立像」はそのうち2体が奈良国立博物館へ寄託されているため
 12体揃って見る機会というのは大変貴重なのだそうです。

国宝御仏の中でも
時間を忘れるほどだったのが
展示室中央に立つ『十一面観音菩薩立像』

何度か戻って しばし佇んでました恥ずかしい

母が「昔仕事で行き詰ったときは良く仏像を見に行っていた」
と言っていました。

空気が清められているような
自分の中が整理されていくような貴重なひと時でした

帰るころにはチケット売り場に列ができていたので
じっくり見たい方には午前中早めの時間がおすすめです時計ハート

 

カテゴリー: BLOG
Ayako Itsuki
2002年より、ドイツに渡りフローリストの修行を始め、2005年にドイツ国家認定フローリストの資格を取得。2006年からは、世界でもフラワーデザインのレベルが高いオーストリアにて、世界的に有名なフローリストマイスターNicole von Boletzkyのアシスタントとして、数々のヨーロッパ最大級のフラワーエキシビジョンに参加。 詳しくはこちら
投稿を作成しました 502

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る