山形の春

山形へ。
先日の展示会でお求めいただいた
作品の納品へ行ってきました。

一件目は山形市の東栄コンクリート工業様。
事務所のエントランスに飾らせていただきました。

天井から下がっている間伐材は
KINOWAというLEDライトです。
アクリル台の中にも小さめのライトが入っています。

お昼まで少し時間があり
グループ会社に飾られているアートを見せていただきました。


川崎毅さんの作品も数多くありました。
先日ギャラリー蒼で開いた個展の際に
多肉植物を生けた器、
あちらも川崎さんの大作でした。

ギャラリーが併設?!されているというので
そちらも拝見。

グループ会社の会長が収集されたものだそうです。

最後の絵は十時孝好さんの作品です。
ここで出会えるとは思いませんでした。

昔 十時さんの小さなウサギの絵を1年かけて買いました。
でも、家が火事で全焼し
溶けたガラスが絵にこびり付いて煤けてしまいました。
その絵を十時さんは「子どもを助けてもらった」と言って
無償で直してくださいました。
その絵は片時も離さず、ドイツへも連れて行き
今も傍にあります。

大変素晴らしい作品ばかりで
ゆっくり見られなかったのが残念でした。
人の目に触れずひっそりとしているのが
すごく寂しい感じがしたなぁ。

二件目は天童の阿部総合果樹園様へ。
作品をお届けし、そのまま啓翁桜の畑を案内していただきました。

ぽかぽか陽気の中
樹について、育て方について
お話ししてくださいました。

阿部さんの畑の啓翁桜は
他の畑のものより丈が大きいです。
通常は根元まで切り戻しするところ、
ある程度丈を残し、太い枝に育てていくそうです。

阿部さんの桜は枝振りもしっかりとしていて
花付きも良く、見ごたえがあります。

来月のイベントで使用する桜を
お願いしてきました。
あぁ 一年て早い~。
4月まで堪えてね~お願い
 

カテゴリー: BLOG
Ayako Itsuki
2002年より、ドイツに渡りフローリストの修行を始め、2005年にドイツ国家認定フローリストの資格を取得。2006年からは、世界でもフラワーデザインのレベルが高いオーストリアにて、世界的に有名なフローリストマイスターNicole von Boletzkyのアシスタントとして、数々のヨーロッパ最大級のフラワーエキシビジョンに参加。 詳しくはこちら
投稿を作成しました 504

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る