春と呼ぶにはまだ早いけれど

お正月が終わって

春の装飾に入りました。

今日は朝から雪が降り

春と呼ぶには早いけれど

パッとしたあざやかな色を求めてしまうのは

日差しを待ちわびているのかな など思います。

 

春を気づかせてくれるもの

感じさせてくれるもの 

を考えて

蝶を装飾の一部に取り入れました。

 

 

 

 

ユーカリ、スターチス、ドラセナ、柳 など生けて

春の里山を店舗内に作りました。

 

 

 

フレッシュなグリーンの香りの中

黄色の蝶が心地よさそうです。

 

 

 

 

さて 今月末、31日~2月2日は

夢メッセみやぎにて開かれる「花と緑のココロ博」にて

「時間と共に花の色が変化していくオブジェ」の展示と

「プリザーブドフラワーをつめこんだ手作り和紙」のワークショップを開きます。

 

 

 

カテゴリー: BLOG
Ayako Itsuki
2002年より、ドイツに渡りフローリストの修行を始め、2005年にドイツ国家認定フローリストの資格を取得。2006年からは、世界でもフラワーデザインのレベルが高いオーストリアにて、世界的に有名なフローリストマイスターNicole von Boletzkyのアシスタントとして、数々のヨーロッパ最大級のフラワーエキシビジョンに参加。 詳しくはこちら
投稿を作成しました 504

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る