花の一生

 
先日撮影した百合が枯れてきています。

隣で私はデッサンを描いたり、仕事に使用する花を選んだりしているのですが
ふと見ると花が様子を全く変えていて。

花弁の先がどすぐろく
葉脈は浮き出てすさまじく
私よりもずっと必死に見える。
ここからさらに年を取り
白みを帯び
花弁が一枚一枚落ちていく。

プロのカメラマンの方々より
花は枯れ際が好き
と よく伺います。
花の一番良い状態をお見せするのを仕事としている私には
以前このことはよくわからなかったのですが
『なるほど すごいものだな。。』
と 思わず魅入ります。

カテゴリー: BLOG
Ayako Itsuki
2002年より、ドイツに渡りフローリストの修行を始め、2005年にドイツ国家認定フローリストの資格を取得。2006年からは、世界でもフラワーデザインのレベルが高いオーストリアにて、世界的に有名なフローリストマイスターNicole von Boletzkyのアシスタントとして、数々のヨーロッパ最大級のフラワーエキシビジョンに参加。 詳しくはこちら
投稿を作成しました 504

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る